板金業者を選ぶ際にはどんな点を見ればいいだろうか

ロゴ

板金業者を選ぶポイント

工場

数多くある板金業者

精密板金での金属加工が可能な業者は数多く存在しますが、その中から信頼できる業者を選ぶことは容易ではありません。どの業者に依頼すれば会社の利益になる金属パーツを製造することができるでしょうか。具体的にポイントを挙げてしっかりと検討してみましょう。

加工技術の種類

精密板金の業者によってどのような加工技術を得意としているかが異なります。自分が製造したい部品に近い部品を製造してきた実績がある業者に依頼しましょう。

費用

コストの面は会社にとって非常に重要なポイントですよね。もちろんコストを抑えられるに越したことはないですが、コストが安いからというだけで板金業者を選んでしまうのは良くないです。コストが安くても部品の精度が高くなければ精密板金で部品を作る意味がありません。

具体的な注意点

見積もりの範囲

板金業者に見積もりを出してもらう際に、必要な工程がすべて含まれているかどうかしっかりと確認しましょう。追加料金が後で発生する場合があるかどうかもよく話し合っておくと良いです。トータルでどれくらいの金額になるかが重要なのです。

工場の設備が整っているか

工場の設備がしっかり整っているか、実際に現場へ行き確認しておきましょう。設備が整っているかどうかで納期などがかなり変わってきます。会社が必要な金属パーツを今後実際に発注する場合、部品の納期は大変重要な問題になってきます。金属パーツの製造が納期に間に合うような規模の設備があるかどうかをしっかりと確認しておきましょう。

最新の設備があるかどうか

依頼する加工技術に関する最新設備があるかどうかも重要です。精密板金の技術は日々進化しています。最新設備があれば技術的にも信頼できる可能性が高いです。また、最新の設備があれば納期が早くなるということもいえます。最新設備の確認は精密板金業者のホームページなどからも確認することができます。

話し合いに対する態度が良いか

担当技術者が話しやすいか、こちらの要望に対して真摯に受け止めているか見極めましょう。どれだけ技術と実績がある板金業者でも、しっかりとした話し合いができなければ精度の高い金属パーツを作ることができません。また、相談の際に技術的な提案をどれくらいしてくれるのかというところも1つポイントとして見ておきましょう。こちらの要望に対して何の意見も無いような担当技術者には依頼しない方が良いです。部品に関しても改善点などを積極的にアドバイスしてくれることではじめて質の良いものができ上がるのだと知りましょう。

見本を見せてくれるか

必要な金属パーツに近いものの見本を必ず見せてもらいましょう。見本を見ることで、実際にどの程度の部品が出来上がるかどうか判断することができます。部品を快く見せてくれるような板金業者は技術的にも信頼できることが多いです。相談する際に見本は必ず見せてもらいましょう。