精密板金とは具体的にどんな板金技術なのか知ることから始めよう

ロゴ

板金業者を選ぶポイント

板金業者と一口にいっても得意な分野はそれぞれ異なります。自分が製造したい部品をどの板金業者に依頼すればいいのか、ポイントを押さえておきましょう。良い業者を選ぶことが出来ればより質の高い商品と部品に繋がります。

板金の業者選び

工場

板金業者を選ぶポイント

板金業者の選び方について詳しく解説しています。これから板金業者への依頼を検討しているという方は是非参考にしてください。

READ MORE

精密板金について

ウーマン

精密板金とは

精密板金とは一般的に機械板金分類される板金で、通信機器やコンピューター機器の部品及びシャーシを製造するための板金です。世間一般的な自動右車板金や建築板金に比べると非常に高い制度で金属を加工することができます。もしも自社製品で非常に重要な金属のパーツがある場合、精密板金で加工したほうがより精度の高い部品ができ上がるのです。また、精密板金では、使用される金属に関しても、他の板金に比べると種類が多いです。このような理由から、商品を決定づける重要な部品に関しては精密板金加工で作成することを検討した方が良いといえます。

綿密な話し合いで決まるデザイン

精密板金を依頼する場合は非常に綿密な話し合いが必要になります。依頼側が具体的な要望をいくつも挙げ、それを担当技術者がどのように実現していくか相談するのです。ゼロからのスタートの場合は当然話し合いに時間が掛かります。しかし、この話し合いがしっかりとできていれば、品質の良い金属パーツができあがる可能性がそれだけ高くなるともいえるのです。品質の良い商品を作るということを目標に、部品のデザインやコストを徹底的に話し合いましょう。

腕のいい技術者にかかっている

精密板金の場合は手作業も入ってくるので、試作品の出来や納入品の出来は技術者にかかってきます。そのため、信頼と実績のある精密板金業者を選ぶことが非常に大事なのです。腕があまり良くない技術者に頼んでしまった場合、仕事が遅くなるばかりか満足いく仕上がりになりません。見本の部品など見ながら、信頼できる業者かどうかしっかりと確認しておきましょう。

少量の発注であれば精密板金

精密板金は大量生産する場合はコストの面で向いていないといえますが、数百個単位であればコストが抑えられる可能性があります。大量生産のように金型などを制作する必要がないからです。コストの面を考えても精密板金の方が良い場合があるので、板金業者とよく相談して決めましょう。精密板金加工が出来れば、他の板金も対応している可能性が高いです。精密板金の方が得なのか、通常の板金加工でいいのかしっかりと見極めましょう。

個人での依頼も可能

精密板金での金属パーツ制作は1個からでも発注できますので、個人でも金属加工を依頼することができます。これから会社を立ち上げる予定があり、試作品を作りたいという方でも、個人的なものを作ってほしいという方でも依頼することが可能です。もしも迷っているという人は、まずは業者に相談してみましょう。思っていたよりも少ない金額で発注することができるかもしれません。これは無理だと思っていた部品でも製作できる可能性もあります。

SGS分析情報☆
提供しているサービスをチェック!

BEMSシステムを導入しよう
会社の電気コスト削減にピッタリ☆